Perfect Swing Theory

ゴルフショップ経営者が404ヤードを高める叩きだし、ドラコンチャンプになった秘密が公開されています。国内最強のドラコン三冠王、安楽拓也氏が40代男性の飛距離をわずか5分のアドバイスで69.6ヤードもアップさせたスイング理論です。

しかも、その感想が「前よりも軽くスイングしている」という感触です。無駄のないスイングでボールを遠くに飛ばす重要性が分かります。

もし、あなたのスイングショットの練習法が・・・

グリップは左手優先で、小指、薬指、中指の三本でしっかり握る
アドレスでは肩と両腕で三角形をきちんと形づくる
テイクバックでは左肩がアゴの下にくるまで回している
テイクバックでは決して頭を動かさない
ダウンスイングではグリップエンドをボールに向けて振り下ろす様にする
インパクトでは左の壁をしっかり作る

これらの6つの項目のうち、どれかひとつでも当てはまるなら・・・残念ながら、ひたすら無駄な労力を繰り返していることになります。

まっすぐ遠くに飛ばす方法

一連のスイング動作を、アドレス、テイクバック、トップ、インパクト、フィニッシュなど、細切れ写真にして「形」から覚えていくこと…これがまず間違いです。なぜなら、人それぞれ体型や体の柔らかさ、筋肉量、運動神経などといった前提条件が全て違うからです。それを、一律に同じ「形」にはめること自体、無理な話なのです。

だからレッスンを受けても飛距離は簡単に伸びないのです。ヘッドスピードが上がれば飛距離がアップするという単純な話では無いのです。また、腕を振るだけではヘッドスピードは速くなりません。体はすべて連動しておりスピードを上げるのもコツがいるのです。

まっすぐ遠くに飛ばす。このドラコンで実績を上げているスイング理論はゴルフをする上で必ず知っておきたい内容です。著者の実績はもちろん、それを教わった人の科学的データもありますので間違いないスイング理論です。

Perfect Swing Theoryのメリット

■5分の練習で飛距離アップと方向性が同時に手に入るから練習する時間がなくてもOK 
■フルパワーでスイングしなくてもヘッドスピードが上がり20ヤード以上飛距離が伸びる 
■非力な女性や中高年の人でも20ヤード以上飛距離が伸びる 
■若い頃のような飛距離が戻ってくる 
■仲間たちに「飛ばし屋」と冷やかされるようになれる 
■風にも負けない伸びやかな弾道を手に入れることができる 
■伸びのある高い弾道でドライバーショットを打つことができる 
■理想的な飛距離と方向性を身につけることができる 
■曲がらずに飛ばせるのでOBや林に入れることを気にする必要がなくなる 
■ロングホールで常にバーディーを狙うことができる 
■2番手、3番手に持つクラブが変わりスコアも大幅アップすることができる 
■セカンドショットをゆったりと打つことができるよろこびを味わえる 
■シングルへの近道をすることができる 
■ゴルフコンペなどで上位を伺うゆとりを手にすることができる 
■ゴルフコンペでドラコンキングになれる 
■プロのような美しい理想のフォームを手に入れることができる 
■スイングに無駄な力がいらないのでカラダの負担が軽くなります 
■体の心配をすることなく、いつまでも楽しく仲間たちとプレーできる 
■練習場でみんなから注目を浴びヒーローになれる 
■レッスン代や教材の購入など無駄な費用や時間を費やす必要が無くなる etc… 

 

ゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory” 【DR0001】

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です