ゴルフクラブの探し方

ゴルフに欠かせないゴルフクラブ、貴方はどのように探していますか?憧れのプロゴルファーと同じタイプ、見た目が美しいゴルフクラブ、振ってみてしっくりしたもの、安かったので衝動買い、それぞれ何らかの理由で探し購入していることと思います。

管理人はどの買い方も間違っているとは思いません。憧れのゴルファーが使っているという気持ちでコースを回れば、それなりに気分も良いし、価格が安いからという理由も当然大事だと思います。

しかし、私はゴルフで良いスコアを出すことが一番気分が良いし、楽しめるものだと思います。プロゴルファーでもない管理人が偉そうにスコアを語ることは出来ませんが、少なくとも自己最高を目指すのは楽しいものです。

自分の好きなクラブは良いスコアがでるクラブです。憧れのゴルファーと同じものに魅力を感じないわけではありません。しかしそれ以上に自己最高を目指したいのです。

ゴルフクラブはご存知の通り、たくさん種類があり、目移りしてしまうほどです。ゴルフ専門店に行けば、何種類あるのか数え切れません。同じ種類のドライバーでも角度など微妙に違い、それぞれ特徴があります。

正確無比のロボットが同じフォームで打てばクラブによって当然、角度、長さ、重さ、重心の位置などの違いから飛ぶ方向、飛ぶ距離は違います。

これだけ多種多様にクラブがあれば無理にフォームを強制したりしなくとも、狙ったところに飛ぶ、落ちるクラブを探せそうなものです。

そうすれば出来るだけ同じ得意なフォームで打てば良いだけになります。クラブにあわせて、微妙にフォームを変更するよりも自分の得意フォームを正確に繰り返すほうが難しくありません。

管理人は自分のフォームで狙ったところに落ちるクラブを探し続けています。そのためには今使っているクラブの特徴をできるだけ把握、クラブの重量、サイズ、角度などを知っておく必要があります。

スイングごとに微調整するほど管理人はもちろん、人間そう起用ではありません。自分の思うところに飛ぶ、落ちる最良のクラブを探すお手伝いがこのサイトでできればうれしく思います。

ゴルフ用品の基礎知識

ゴルフ用品は多種多様です。その中でも特にしっかりと選ばなければならないのがゴルフクラブです。硬さを表すもの。軟らかいほうから、L・A・R・S・X・XXなどと表示されます。

クラブの硬さ表すもの
L A R S X XX
柔らかい 硬い

素材もまた、クラブ選びでは重要です。それぞれの特徴を上手くいかしたクラブが次々と登場しています。

素材
チタン・チタン合金、ジュラルミン、スチール、カーボンファイバー、パーシモン、ヒッコリー、メタルコンポジットクラブ、ベリリウムカッパー、アモルファス、軟鉄など

ヘッドスピード
遠くに飛ばすためにはインパクト直前のスピードが大事です。そのクラブヘッド速さを表す単位で、メートル毎秒(ms)で示されます。インパクトの直前10cmのヘッドの速さを測定するのが正しい計測方法です。

角度
様々な角度がクラブ一本に含まれています。この全ての角度が飛距離、方向、重心などが大きく左右します。
ロフト角、ライ角、バンス角、フェ-ス角など

バランス
アイアンクラブの場合、番手ごとにシャフトの長さが異なるため、重量も変わってきます。同じセットで重量感を合わせることが必要になってきます。このための指数を表すのがバランスで下記の通り、AEに分かれ、さらにそれぞれが10段階全部で50段階に分かれています。

重量感を表す指数
 
軽い 重い
軽い

重い

ゴルフクラブは多種多様

ゴルフ用品、特にゴルフクラブはいまや数え切れないぐらいの豊富な品揃えです。これだけあれば迷ってしまいますが自分に合ったゴルフクラブを探すのは本当に難しいです。

あるプロゴルファーが言っていました。顔見知りではありますが当然、遊び程度で楽しんでいる管理人とはコースを一緒に回るような関係ではありませんが、アドバイスを頂くことは出来ました。

ゴルフクラブにスイングあわせるのではなく、スイングにゴルフクラブをあわせて選ぶのがベストだよ

管理人は最初、「当たり前のことを言われたな」としか思っていませんでした。しかし、その後までしっかり聞くと自分がどうのようにゴルフクラブを探せばよいのかを的確にすることが出来ました。

今、自分のゴルフクラブでスライスしてしまうのなら貴方のスイングを直すことよりも貴方のスイングでまっすぐ飛ぶゴルフクラブを選べばよいということなのです。

ドライバー一つとっても角度、サイズ、長さなど様々な形状をしています。今のゴルフクラブでスライスしてしまうのならスイングを無理に直すとそれが癖になってしまうと言われました。

同じスイングでもまっすぐ飛ぶクラブを探す努力が必要だと思いました。スイングが悪いというのはそのゴルフクラブに対してです。今のスイングに合うクラブを探せば、今のスイングが一番良いのです。

今持っているゴルフクラブがBクラブならAクラブを探せば良いですし、今もっているのがCクラブでもAクラブを探せばよいのです。スイングを直さなくてもクラブを直せば解決です。下手にスイングを直しても逆にそれが癖になったります。

スライスをクラブで修正

スライスになぜなってしまうのか?それは癖でもなんでもなく、ゴルフクラブを普通にふれば当然のようにスライスになってしまうのです。

ヘッドがシャフトの延長線上にないことでスライスが起きるのです。しかし、この位置に無ければゴルフボールを同じような飛距離を飛ばすことができず、仕方の無いことです。

これを解消するためにはヘッドの向く角度を変更すればスライスしにくくなります。

 

そしてできるだけこのシャフトの延長線上にないという欠点を少なくするためにはライ角の大きいものを選ぶことも必要になってきます。

この2点に注目をしてクラブを選べば、スライスになりにくくなります。

フックをクラブで修正

最初からフックに悩まされることのほうが少なく、スライスを強制した結果、フックを連発する傾向が強いと言われています。

フックをクラブで修正するのは簡単、スライスをクラブで修正するの逆のことを考慮してクラブを変更すればよいです。

フックはスライスに比べ飛距離が出ます。それだけに、このミスは大きな痛手となりがちです。

ヘッドの向く角度をできるだけフラットにすればフックがかかりにくくなる。

ライ角が小さければ、ヘッドの先が後ろに持っていかれやすいのでフックがかかりにくくなる。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です